【名前のない女たち】丘咲エミリ「何度も後悔したけど、後悔したときに辞めればいいってわけじゃなかった」

丘咲エミリ オフィシャルブログ 「ザッキーのザックザクトーク♡」

「ソフト・オン・デマンドDVD」で連載されている「名前のない女たち」。表舞台では語られることのないAV女優の陰を見ることができる、中村淳彦さんによる「AV女優インタビュー企画」です。今回は丘咲エミリさんのインタビューを見ていきましょう。

 

丘咲エミリのプロフィール

丘咲エミリ

出典:https://twitter.com/okaemiri

2011年、MUTEKIより『BEAUTY GIRL』でAVデビュー。

2014年7月、セクシー女優人気投票18位「龍が如く0 誓いの場所」への出演権を獲得。

2016年11月、『本気で無敵の引退 デビュー5周年!マル秘解禁240分SPECIAL 全てを曝け出しラストステージへ…「kira☆kira未公開映像も収録」』(アイデアポケット)でAV女優を卒業。

六本木キャバクラ ONE TOKYOで勤務しています。

MUTEKIは芸能人を専門にキャスティングするAVメーカーです。丘咲エミリさんは、元々ギャル雑誌『Ranzuki』でモデル活動をしていたため、MUTEKIからデビューすることになりました。

 

父の浮気から家庭崩壊。転落の始まり

離婚原因は父親の暴力、不倫、浮気。父親は私がお母さんのお腹にいるときに愛人を作って子供まで作ったんですね。当然お母さんにバレた。子供がいるから離婚できないし、産まれてからもずっと我慢していたんですね。結局、お母さんは我慢の限界を超えて壊れた。それで家族も壊れた。中学3年のときでした。

離婚したことで、所得がゼロになり、中学卒業後、高校1年生で水商売をはじめました。学校が7時から16時、キャバクラは週5日出勤、アフターもあって相当ハードな生活をしていたことが分かります。

 

精神を病んだ母親と練炭自殺

限界になってピークのとき、本当に心中しましたよ。お母さんと一緒に死んでもいいかなって。私が『もう死のう』って言って。なんか全部嫌になっちゃった。時間ないし、お金もないし、家に帰ると自傷で血だらけだし、自分も頭がおかしくなっちゃって、死にたい、死にたい、死にたいって。お願いだから一緒に死のうって。それで練炭を買って本当に炊いて、眠剤をバカバカ飲んだ。気絶した。

母親が買い物依存になり、自傷行為が激しくなり、ある日、母親と練炭自殺をはかりました。たまたま近所に住んでいる友達が2人来て、救急車を呼ばれて助かったというのは奇跡です。

 

雑誌モデルからAV転身を決意

 

AV女優は別にやらなくてもよかったけど、1年間くらいかけて(スカウトマンに)口説かれた。プロダクションの人たちともだんだんと仲良くなって、なんとなく、やろうかなみたいな流れ。だから、どうしてかというのは、けっこう難しい。

キャバクラでナンバーワンになり、ギャル雑誌からモデルの誘いがあり、そんななか、スカウトマンに声をかけられてAV女優になることを決意しました。

ただし、5年間付き合った恋人が怒り狂って包丁を振り回し、母親も「絶縁する」と激怒するなど、失うものも多かったとあります。AV女優になるというのは、そのくらい偏見があるのでしょう。

 

本気で無敵の引退 デビュー5周年!マル秘解禁240分SPECIAL 全てを曝け出しラストステージへ… 丘咲エミリ

本気で無敵の引退 デビュー5周年!マル秘解禁240分SPECIAL 全てを曝け出しラストステージへ… 丘咲エミリ