【名前のない女たち】鳴海遥子「これまで大変な人生でした。もう生き地獄…」

高崎に住んでるデカ乳の髪結ママがAV出演 鳴海遥子

中村淳彦さんの名コラム「名前のない女たち」。成人向け雑誌やWebによくあるAV女優のインタビュー「エッチが好きです」「初撮影は緊張しました」といったキレイなものではなく、なぜAV女優をやることになったのか、これまでどんな道を歩んできたかなど、AV女優の陰の部分に注目するという異色のコラムです。

私も「名前のない女たち」をはじめ、中村淳彦さんの書く著作はほとんど目を通してきました(あまり言い方が良くないか)。

今回は「ソフト・オン・デマンドDVD 7月号」に掲載されている鳴海遥子のインタビューを中心に見ていきましょう。

 

鳴海遥子のプロフィール

  • 名前:鳴海遥子(なるみ・ようこ)
  • 生年月日:1973年2月2日
  • スリーサイズ:B83cm(F) W59cm H87cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:ピアノ・読書・芸術鑑賞

 

最初の結婚…夫のDV

1度目の結婚ではDV。子供は欲しくて、妊娠したから結婚しようかみたいな流れ。同居してから旦那の借金が始まって、賭け事で生活費を増やそうみたいな感じ。パチンコとかやって借金みたいな。

パートがけっこう楽しくて、その仲間と飲み会とか。それで旦那が嫉妬するようになった。異常な嫉妬。言葉の暴力がでてきて、キレて大声だすとか。ちょとしたことで起こる。だんだん恐怖心に支配されて、胃潰瘍になった。

 

2度目の結婚とブラック職場

(転職した職場は)信じられないくらいのブラックで、3ヶ月休みなしとか、8時出勤で深夜2時終わりみたいな。何年間か頑張って最後は責任者までやらされて疲労で倒れた。働く人間が足りなくて昼間は現場にでて、残業で書類とか請求するみたいなパターンです。

(2度目の結婚相手は)年収がよかった。1000万円って書いてあった。実際に結婚したら全然違って、貯金とか一切ゼロ。2番目の旦那は13歳上の普通のサラリーマンで外資系。実際に書いてあるのと全然違って。

 

職場のパワハラ上司とW不倫

まわりから悪い人だから絶対ダメだよって言われていた。女癖が悪くて有名って。止めなって言われたけど、ズルズル付き合っちゃった。正確が俺様系で嫌いなタイプだった。嫌な奴だと思っていたけど、話してみるといい部分もあって一応好きになりました。けど、しばらくしてから別れようって思いますよね。ダブル不倫だし。アナルとか、変なセックスばかりさせられるし。

もう嫌だって、別れようって決心してから、上司の嫉妬がすごくなった。社員の人と喋っているだけで怒鳴り散らしたり。パワハラがすごくなった。別れたいっていうと会社辞めろみたいに怒鳴られて、元に戻る繰り返し。

 

鳴海遥子の最新出演作

高崎に住んでるデカ乳の髪結ママがAV出演 鳴海遥子