【FC2】『【巨根VS素人】あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM』

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

プロとは違うホンモノの素人のエッチな動画をたくさん見ることができるFC2コンテンツマーケット。日本の男性なら一度はFC2のサービスを使ったことがあると思います。

なんといっても日本からのアクセスランキングは、ヤフー、グーグルに続く3位というのだから驚きです。口にしないだけで、家に帰ったらみんなFC2を使っていることが分かります(笑)

さて、今回はそんなFC2のデジタルコンテンツ販売プラットフォームであるFC2コンテンツマーケットの人気販売者さんのひとり、white films【巨根VS素人】さんの作品から『あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM 』を紹介します。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

この子はとても淫乱な子でした。
撮影の時点で調教済み、言わせてるわけでも無く自ら淫乱な言葉を発します。
「子宮にあたるぅ」「壊れちゃう」など、サンプル動画を見ていただくと様子が伝わるかと思います。
電マでのオナニーも逝きながらも止めようとしません。
ディルドを使っての騎乗位オナニーも震えながら「おちんちんをください」とおねだりします。

ここからは『あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM』を画像と一緒に見ていきましょう。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

冒頭はあんなちゃんのオナニーです。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

オナニーを続けると「あっあっ」と小さな声が漏れてくるのが分かります。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

おパンツの中に手を入れて気持ちよくなるあんなちゃん。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

膝をついて立ったポーズも披露してくれます。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

途中からは電マも登場します。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

やはり電マはたまらないようです。喘ぎ声も一段と大きくなるのが分かります。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

泣き声混じりで「ダメ〜ダメ〜」を連呼するあんなちゃん。女の子のこういう声に興奮する人は多いはずです。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

中盤はあんなちゃんのフェラチオです。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

目隠しをしながら性行為をするというのは興奮するそうです。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

最初何をしているのか分からなかったのですが…

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

机の角を使ったオナニーでした(笑)

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

「おチンチン、オマンコにください」

「おチンチンください」

「おチンチンほしい」

「オマンコにください」

white films【巨根VS素人】さんに指示されるようにエッチな言葉をします。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

いよいよ挿入です。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

ピストンに合わせてあんなちゃんの喘ぎ声が大きく漏れます。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

続いてバックです。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

「ダメ〜ダメ〜」

もうずっと絶叫です。

 

あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM

最後まで、white films【巨根VS素人】さんがイッていない気がするのは私だけでしょうか(笑)

 

FC2で『あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM』を見る

white films【巨根VS素人】さんの『あんな 18歳 痙攣しながら「うぁ,子宮に当たるうぅ」幼いドM』を紹介しました。男性は声で興奮するといいます。本作はそんな声で興奮する方にぴったりの作品です。教育されて感度が良いってこんなにも良いのだとしみじみ感じました。